ケアプロスト
 
■カウンター

■プロフィール

nolfa

Author:nolfa
メールアドレスはこちら
元ヒキ。35歳でようやく一般人デビュー。が少し遅かったでござる。

■ブログランキング
■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--
四年ぶりの再会
4年前に呼んでいたR子から、半年ほど前に突然会いたいという連絡があり
その時は会えずじまいだったけど
つい先日またしても突然の連絡がきて再会した話。

その日はいつものようにちょろい仕事をこなして
夕方には自室でくつろいでいたら
「明日会えませんか。いつも突然ですみません」とR子からメールが飛んできた。
翌日に俺の仕事が有るか無いかは夕方になるまでわからないのだが
その時点で何もないことは判明していた。自宅待機である。

フリーな時間とはいえ、一応勤務時間中だから罪悪感もあったが
俺も久しぶりにR子と会って、たとえ一瞬でも孤独を紛らわしたかったし
彼女はどうやっても平日の日中しか時間が作れないらしく
このタイミングを逃したら次は無いなと思って会うことにした。

というか会う気満々だった。

翌日、車で向かった待ち合わせ場所にR子がやってきた。
少し離れたところから歩いてやってくる彼女のシルエットは
ちょっとだけ横幅が広がっているように見えるがそれくらいは予想していた。

そして助手席に乗り込んできたR子は相変わらず美人だった。
お互いに「4年前と変わらないね!」と声を出して笑った。
今はもう夜の仕事はやめて、普通の仕事をしているのだという。
一応素人の女性と言っていいのかな、自室に呼んだのはR子で2人目。

昔話が長引いてしまい、いざ事に入ろうとしたら
ものすごく恥ずかしくなってしまって、またまた二人で笑いあっていた。
口には出さなかったけど、R子は少しお腹周りにお肉がついていて
彼女も俺に何度もそのことを聞いてきたが、もちろん完全否定しておいた。

真っ昼間の勤務時間中で自室というシチュエーションに異様に興奮してしまい
お店で呼んでいた時プラスアルファの行為に熱中して汗だくになった。

R子はおしゃべりが上手で一緒にいるととても楽しい。
4年前、今よりもずっと口下手な俺でさえこの子とはいつまでも
話をしていたいと思っていたくらいだ。

でも以前のように彼女任せで話していたらもったいないと思い
先日とあるブロガーさんに教えてもらって購入した本の内容を
多少なりとも実践してみた。
効き目があったかどうかはわからないが
練習できるときに練習しておくのは大切だと思う。
裸で抱き合ったまま、行為より長く一時間も話していた。

R子と過ごした楽しい時間も終わりがやってくる。
「また突然連絡するかもしれないのでよろしく」と言われた。
次回があるかはわからないが、あるとしたら「明日また会えますか?」と
突然連絡があるんだろう。
彼女はこちらから会いたいとメールしても決して返事を寄越さない。
態度に出さないだけで、心の底では先日出禁にされたNG娘と
同じことを考えているのは間違いない。

待ち合わせ場所に彼女を送っていったら、俺の姿が見えなくなるまで
ずっと手を振っていてくれた。
会った瞬間から別れる瞬間まで、彼女の嫌そうな態度は一切なかった。
今の俺にはそれで充分。

夜の仕事から足を洗ってからも、とても楽しい時間をくれたR子には
幸せになってほしいと心の底から思っている。
女子・工口 | 20:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。