ケアプロスト
 
■カウンター

■プロフィール

nolfa

Author:nolfa
メールアドレスはこちら
元ヒキ。35歳でようやく一般人デビュー。が少し遅かったでござる。

■ブログランキング
■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--
レス子とその後 その3
シャワーを浴び、念入りに体を洗って湯船につかる。
真冬はガス代がもったいないので、それこそ女でも来ない限り滅多にお湯をためることはない。
さりげなくT字のカミソリを置いて浴室を出た。

腰にタオルを巻き、ベッドに座っているレス子のところへ戻った。
言うまでもなく股間はギンギンでタオルが盛り上がっている。
レス子「緊張すると立たないっていうけどそうでもないのねw」
「あれっ?nolfaちゃん、こんなにムキムキだったっけ?鍛えてるの?すごーい」

当時はジムに通い始めて2カ月も経っていなかったが
体つきが少し変わっていたらしく、レス子はそれに気づいてくれた。
前にも書いたけどそれがレス子のいいところで、相手がだれであっても
その人の持ち物、アクセサリー、髪型、服装などに細かく気を配って
必ず褒め言葉がでてくる。だから彼女はモテモテなのだ。

レス子「シャワー借りるね。タオル巻いて出てくればいいの?恥ずかしいw」
彼女がシャワーを出した音を確認して、タオルを外して一度全裸になる。
ズゴゴゴゴ・・・と効果音がしそうなくらいにギンギンの股間。

自分で借りてるアパートに女を呼ぶ夢が叶った!
なんてすばらしいひと時なんだ!やばいクスリでもやってるんじゃないかってくらい
脳内が幸福感で満たされているのがわかった。
リア充の皆さんはいつもこんなことをしているんだな。そりゃリア充になるわ。

浴室の方へ聞き耳を立てていると、レス子が陰毛の処理をしている音が聞こえてきた。
やばい、ますます興奮してくる!我慢できない!襲ってやる!(゚∀゚)
レス子が体をふき終わったぐらいのタイミングを見計らい
浴室に向けて突撃を敢行した・・・・・すると

レス子「服着ちゃったw」上も下も完全に服を身に着けてやってくるレス子。
なんでだよー、タオルでいいじゃんーと駄々をこねたら
しぶしぶ脱ぎ始めるレス子さん。
レス子「ほんとに恥ずかしいからみないで」
俺は一時退避して歯を磨くことにした。まさか普通に服を着られるとは思わなかった。
ブラ外せないからな。全裸にタオルじゃないと困る。

レス子がタオル姿になったのを確認して襲い掛かる。
唇を吸いあい、お互いの股間をいじりあっていたら、レス子がすぐに挿入を要求してきた。
前回と同じ流れだな・・・いれてもいいけどその前に口でさせたかったので
レス子を起き上がらせて、顔の真ん前にチ○コをつきつけてやった。
前回、手でしごかれたら痛かったので、あらかじめレス子の両手を押さえつける。
口の奥まで一気に深く咥えてきた。エロい・・・エロいけど咥えるだけで動きがないから
あんまり気持ちよくない。レス子はなんだかMっぽいからAVみたいに頭をつかんで
グイグイ腰を動かそうかと思ったけど、理性が働いてやめておいた。
相当経験してそうなレス子だけど、素人ってこんなもんなのかなーと思った。
それでもがんばって咥えてもらったので
あとはレス子の好きにしてもらおうと思い、上に乗ってもらうことにした。

根元まで挿入したまま、前後に激しく腰を擦り付けるレス子。
グリグリグリグリ、今回も痛いです、折れそうです・・・・・('A`)
お願いしたらバックでもさせてくれたけど、ケツを押し付けてきて
自分で腰を擦り付けまくる。彼女はこの動きが好きなんだとわかった。

彼女がしたのと同じように、今度は正常位で根元まで挿入したままグリグリ動いてやった。
死んじゃう!死んじゃう!と叫ぶレス子。
AVのようなピストンは彼女には不要らしい。
俺の肩に担いだ彼女の足首はハイヒールを履くときのような形になっている。
そこまで演技できるなら演技でも全然かまわない。
最後はきつく抱き合い音がするぐらい、思う存分腰をたたきつけて終わった。


浴室に入り、明かりをつけると自分の股間が
血まみれになっているのに気づいて驚いてしまった。生理だったのか。
レス子「生理終わったばっかりで・・・・血だらけになったでしょ?」

自分の血じゃなくて彼女の血だってわかってたんだから
”ひょっとして生理だった?”って先に聞けばよかったのに
思わず”うん、すごいびっくりした”と答えてしまった。
30代後半なのに、女のことを何にも知らないんだと思われたんだろうな。
10代、20代でちゃんと経験しておけば、セックスに生理はつきものだってことくらい
普通に知るはずのことなのに。
始めるにあたって何事も遅いということはないけど、恋愛とセックスだけは別だと思う。

レス子「腕枕してよ。ねぇ、なんで私なの?そんなに私がいいの?」
「P子は完全フリーだし、この前も話したけどあなたのこと好きなんだよ」
レス子ちゃんと一緒にいるほうが幸せだからと答えておいた。

レス子は今回もシャワーを浴びずに帰って行った。
ヌルヌルして気持ち悪くないのかな・・・・彼氏にばれないのかな。
ちなみに今回も彼女が剃った陰毛が浴室に散らばっていた。
シャワーでちょっと流せばいいものをw
でもそんながさつなところが彼女のいいところなのかも。

レス子とは結局2回しかできなかった。
書いてないけど、ピロートークで要らん事しゃべったり
言葉の端端で傷つけてしまったような自覚がある。
この後もLINEで誘ったりしたけど理由つけて断ってくるし
飲み会の後のお持ち帰りも2回連続で失敗してる。

これ以上しつこくすると会うこともできなくなりそうなので
この辺にしておこうと思っている。
女子・工口 | 12:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。