ケアプロスト
 
■カウンター

■プロフィール

nolfa

Author:nolfa
メールアドレスはこちら
元ヒキ。35歳でようやく一般人デビュー。が少し遅かったでござる。

■ブログランキング
■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--
セックスレス女子のセックス事情その3
その2

浴室から出てきたレス子は俺から微妙に見えない位置で体を拭いていた。
ピンク色のタオル。そのまま巻いてこちらへ来るのかと思ったら
備え付けのバスローブを羽織っているようだった。
ぶっちゃけダサい(バスローブのデザインが)ので
そんなの脱いでタオル巻いてこっちきなと言おうとしたら
レス子はまるでタックルのように、俺が座っているベッドに飛び込んできた。

ものすごいディープキスが始まって、俺の口の中に激しく舌をねじ込んでくるレス子。
息ができなくなるかと思った。俺もやり返す。
舌で喧嘩してんのかと思うくらいやりあった。

居酒屋でレス子が「セックスは全身全霊をかけてやりたい」と言っていたのを思い出した。
乱暴にならないぐらいに激しくするのが好きなんだろう。
ダサいバスローブを無理やりはぎ取る。
ぽっちゃりまではいかないけど、メリハリのない上半身。
茶色の乳首に思い切り吸い付いてやった。

レス子は元々声が低い。
喘ぎ声はますます低くなって、動物みたいな声だった。
お互い上になったり下になったり、横になったり
ベッドの上を抱き合ったままゴロゴロ転がっていた。
ずーっと目を閉じたままキスしてたから映像の記憶が残ってない。

レス子「もう入れて!」
10分も経ってない。
デリじゃなくてシロウトだから、愛撫とか前戯とか
沢山してやらないといけないんだろうなーって
考えていたから拍子抜け。
え、もう?と言ったら、チ○コに手を伸ばしてきてゴシゴシしごき始める。
痛いです・・・・・拷問かw
マジで痛かったので、”手だと痛いから口でしてほしい”と言った。

レス子は快く応じてくれたけど、先端を軽くくわえただけで
相変わらず手のほうでゴシゴシしごかれるので全然気持ちよくない。
素人ってこんなもんなのかと、早々にあきらめて入れることにした。
レス子の求めに応じてゴムをつける。言われなくてもつけるけど。

レス子「騎乗位でいい?私、上に乗るのが好きなの」
といい終わるころには根本まで入ってた。前後に激しく腰を擦り付けるレス子。
痛いです!折れそうです!!w
ほんとに折れるんじゃないかっていうくらい、俺の上で腰を振りまくるレス子さん。
その光景がエロかったので、俺もギンギンにはなってたけど正直気持ちよくない。

レス子「イクっ!」
(´・ω`・)エッ?
レス子「あっあっ、またイクっ!!」
(´・ω`・)チョット?
レス子「ごめんnolfaちゃん、何回もイッちゃう!!」
(´・ω`・)マジデスカ?
レス子「4回もいっちゃったw」
俺は何もしてない。下になって勃起してただけ。
演技には見えなかったけど、演技されても初素人の俺にはわからないしな。

でもそろそろ俺だって攻めたい!バックで攻めたい!
レス子「私、後ろからされると痛くてダメなの・・・・・」
・・・・・・・セックスレスの理由がわかった気がするw
セックスが自己中。経験豊富みたいなことを言ってたけど
今まで付き合ってきた男は彼女のセックスで満足してきたんだろうか?
フェラチオが痛いとか言われたことないんだろうか?
体質でバックが痛いのはしょうがないけどさ・・・・・
そういうことって男女で話し合うもんなんじゃないの?
経験ゼロの俺がいうのもなんだけど。

といいつつ最後は正常位で思いっきりした。
デリ娘にさえ遠慮する俺が、レス子には遠慮せずぶっ壊れるくらい突いてみた。
最後は二人とも息も絶え絶えになってしまった。
レス子「7回か8回はイッたよw」
演技かもしれないけど、あれが演技なら騙されてもいい。

レス子「私さ、社長にも誘われたんだよ、ジジイだから断ったけど」
「営業の○○さんも誘ってくるのよ、断るの大変」
「取引先のxx君も声かけてくるの、やってないけどね」
・・・・多分、全員とやったんだろうな。
「今日のことは絶対内緒だよ、同棲してる彼氏にばれたらまずいから」
「彼氏、年収800万なんだー、結婚したい」

俺はB子の長男が不登校でニートだとばらしてしまった。
関係を持つと男も女も口が軽くなるってほんとなんだな。
終わった後のトークも体験できた。30分ぐらい話したかな。

しばらくして汗だくの体となんだかよくわからない汁まみれの股間を
洗いたくてもう一度風呂に入った。
タイルには彼女がつかったカミソリと陰毛が散乱していた。流しておけばいいものを・・・・

レス子は風呂にも入らず、ヌルヌルの下半身の上にそのまま下着をはいて着替えてしまった。
彼氏に浮気チェックされたらどうすんだろうとか
風呂に入るとボディシャンプーの香りがついてかえってまずいのかとか
色々考えて俺はあえて何も言わなかった。

レス子「nolfaちゃん、抱いてくれてありがとうね」
「え?最後の思い出?・・・・悲しいこと言わないで」
「会おうと思えばいつでも会えるじゃん、またみんなで飲もうね」


結局、その後は一切連絡せず2年が経つことになります。
メールも電話も一通もなし。街中で顔を合わせることもなし。

今になって思い返してみると感動的だったんですけど
あんなセックスだったら一度きりでいいや、
変態セックスさせてくれる嬢のほうが100倍いいやと本気で思ってました。
なので2年間一度も連絡しなかったんだと思います。

2年後(つまり最近)の話もいずれ書く予定です。
女子・工口 | 00:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。